スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本最南端

さてさて。ついに3日目の行程を書くときが来たようですね。

3日目。
前日に夜遅くまでゲームをやっていたせいか、アルベルトとクラゲ組より起床が遅かったです。
この日の予定は、アルベルトと一緒に一気に串本に行こうということ。
この日の朝はあまり体調が良くなく、朝食は普通か少なめくらいしか食べませんでした。
つまり、クラゲの1割くらいですね。

朝食を食べ終わると、クラゲはいち早く出発していました。
自分はももっちとアルベルトと一緒に出発。
大阪駅から確か一緒の電車に乗りました。
ももっちは和歌山城を見るということで、途中で別行動。
うちらはそのまますぐに串本に向かわなければいけないので、ふつうに串本を目指しました。
てか、この日は移動時間でかなり時間がとられるので、あまり観光してると簡単に遅刻する可能性があるわけです。というわけで、アルベルトと一緒に先に串本に行っちゃって、串本を観光して、絶対に遅刻だけはしないようにしよう大作戦というわけです。(←ものすごく賢い選択ですね!)

だけど、ここで重大な事実が発覚。
電車の時間を考えると昼ご飯を食べるのが紀伊田辺駅のあたりということになるのですが、正直言ってこのあたりの食べ物の名物を知らない。ということでクラゲのまねをして駅弁でも食べようかと考えるのですが、ネットでみてもあんまりパッとしたものがない。
まぁ、当日になったら近くの店で食べるかということにして、なんとなく昼食の心配は終了。
結局、紀伊田辺駅でかなり時間があったのでアルベルトと駅前の食堂みたいなところで食べました。(何を食べたか忘れてしまった。)覚えているのは食堂の席の数を割に客が自分たち二人ともう一人いるかどうかというレベルだったこと。まぁ、そのおかげで食事を待つ時間は都会に比べてだいぶ早かったんですけどね。

ということで昼食を食べ終わった自分たちは、そのまま串本駅に直行。
串本駅で乗り換え時間がほとんどないバスに乗らなくてはいけなくて大変でした。
といっても乗り換え時間は3分もあるんで、中学生時代に乗り換え時間1分で戦いまくってた自分たちには結構余裕でしたね。それにバス停の場所もすぐに見つかったっていうのも結構大きかったと思います。
そしてバスに揺られること20分弱で潮岬に到着。この時点でだいたい15時くらいでしたね。
1日の最も暑い時間帯が終わって灯台もそんなに暑すぎないという感じ。
来てすぐに何をしようかってことにはなったんですが、近くの潮岬観光タワーの時間が限られているので先に展望台にのぼっちゃおうとなって、展望台の上にのぼりました。
本州最南端ですよ。ものすごく海がきれいで、地平線もきれいでした。
東京とは全然空気が違うよね。今思うと。
どっち向いても遠くまで見られるし、なんか全体として澄んでいるっていう感じですか?

そして、展望台からの観光が終わって、バスの時間まで何をしようかと思ったんですが、やっぱり展望台からの眺めもいいけど、実際に本州最南端の陸地を踏みましょうということになって、その陸地の方へ進むことに。
まぁ、厳密に本州最南端というわけではないですけど、本州最南端という記念碑が建っていました。
その後は、広い広い太平洋を見て、それから潮岬一帯に広がる野原を一周しました。

そして最後にお土産、を買おうと思ったのですが、お土産屋さんも閉まるの早いんですね。ほとんど時間がありませんでした。
ただ本州最南端ていう文字が入ったキーホルダーを買いました。
まぁ、でもお土産屋さんは一つではないんでね、もう一個大きなお土産屋さんがあったのでそっちに行きました。

そこにはなんと、ゼニガメの貯金箱がおいてありました。
しかも結構安い!かなり薄汚れた感じでしたが、アルベルトが勇敢にも店員さんに「これ、どのくらい前からあるんですか?」って聞いてました。
そしたら店員さんが「ずっと前から、それも10年くらい前かねぇ」と言っていたので、3個あったゼニガメの1つをアルベルトが買ってました。
きっとレアなんでしょうね。今、オークションで売ったらもしかしたらかなりの値段で売れるかもしれません。
あのあと、残りのゼニガメがどうなったのでしょうか?気になります。

ということでゼニガメの貯金箱(ていうかあれ貯金箱だっけ?)を買ったアルベルトと、最後の潮岬を楽しむためにお餅を買って、野原で寝転がりました。って言ってもそんなに大げさに寝転がったわけではありませんよ。
そして、バス(←これを逃すと帰れなくなる)の時間が来たのでバスに乗って串本駅に戻りましたとさ。
なんか、潮岬ってかなり行きにくい場所なのに、それなりに観光客がいてびっくりしたのを覚えています。



そして。
串本駅に着いたもののまだ時間は17時を少し回ったところ。
集合時間にはまだまだです。
ということで急に暇になった自分たちは駅の周囲の散策をすることに。
といっても、すぐに近くにTSUTAYA(?)を見つけ、近くに本屋さんもあったということで、ほかになんか楽しそうなところもないし、そこにいることにしました。←完全にだめモード突入しましたね。

約束の時間が近づいてきたということもあって、串本駅に戻ったんですが、約束の集合時間になってもクラゲもももっちもいないというあり得ない展開に。
まさかのクラゲ遅刻ですね。といっても5分以内にちゃんと二人で到着しました。
さすがクラゲですね。まぁ電車が少ないのでしょうがないですと言えばしょうがない。

そしてクラゲとももっちも合流したということで、宿に出発。
なんか結構大きなところでした。クラゲすげーな。

正直、もう旅行から何カ月も経っているので詳しいこととか全然覚えてないんだけど、確かこの日はももっちと同じ部屋でした。
もう片方がクラゲとアルベルト。
部屋の中は2日目と同じような感じ。

自分とももっちはあんまり荷物を広げるタイプではないので、ベッドの上にもほとんど荷物が出ていない状態でした。
しばらく経って、クラゲとアルベルトの部屋に遊びに行くと、クラゲもアルベルトもベッドの上に荷物を広げたい放題だったので、見事なまでに散らかってました。
というわけで、まぁ夜のゲーム大会は必然的にクラゲとアルベルトの部屋になるわけですね。
確か、この日も結構夜遅くまでやっていた気がします。

確かこの日にアルベルトが持ってきたクイズアカデミー(だっけ?)の必勝法を編み出したんですよねw
クラゲは生物系の問題がほぼ100%正解だったのですが、何しろ回答数が少なく、結局0.1秒以内に適当に答えて、選択肢の問題を数多く当てたほうが得点が高かったんだよね・・・。

まぁこんなことしててもちっとも勉強にはならないのでオススメはしません。




というわけで3日目の話は終わり。みなさんしばらくお待たせしました。
スポンサーサイト

comments

No title

夜の宿から2日目の話になってるぞw
3日目は俺らでマルチ大会やった日だ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。